健康なフンはニオイも少ない

「フンは健康のバロメーター」とよく言われます。愛犬、愛猫が毎日状態の良いフンをしていると安心ですね。時として柔らかすぎるフンをしたり、いかにも苦しそうに硬そうなフンをしたときは、何かあったのかと心配になってしまいます。
ファーストチョイスを使い始めて間もない方から寄せられる感想で多いのは、「フンの状態が良い」、「気持ちよくウンチしている」、「便臭も少なくなった」といった、フンの状態やニオイに関することなんです。
ファーストチョイスに配合されている 「ユッカ抽出エキス」 をご紹介していますが、そのメカニズムはユッカの主成分サポニンで健やかな腸内環境を維持しています。
ファーストチョイスにはそれ以外にもフンのニオイを抑えるヒミツの成分が含まれているのです。これらはニオイを抑えるだけでなく、腸内の健康を維持することによって、フンの状態を安定させる働きがあります。逆に言えば、ワンちゃん、猫ちゃんのお腹の健康に配慮した様々な対策が、結果として、嫌なにおいを少なくして、飼い主の快適さをも演出しているといえます。健康なフンはニオイも少ないのです。

フンの状態を安定させるには

では、腸内を健康に保ち、フンの状態を安定させるためには、どうすればよいのでしょうか?
第一に体内に取り入れた食物をしっかり消化して吸収することが重要です。フンとして排出される消化されないたん白質などの量が多ければ多いほど、便質は不安定になりニオイは強くなります。しっかり消化して腸内で吸収すれば、便質は安定しニオイも少なくなるのです。
第二に、腸管を通過する食物の残りカス(便の元になるもの)を程よい硬さにして、便として速やかに排出させることです。
第三に、善玉菌を増やし、身体にとって有害な菌や物質を吸着し、体内に取り込まずに排出させることです。
そのためにファーストチョイスには3つの成分「酵母」、「マンナンオリゴ糖」、「ビートパルプ」を配合しました。言ってみれば「腸内3兄弟」が大活躍をするのです。

腸内3兄弟の長男「酵母」

腸内3兄弟の長男「酵母」腸内3兄弟の長男は「酵母」です。酵母に含まれる酵素やビタミンB群など栄養代謝産物の働きで、腸内の善玉菌を最適化します。さらに酵素の働きがたん白質やデンプン、その他栄養素の健康な消化をサポートします。もともとファーストチョイスは消化の良い原材料を使用していますが、酵母の働きがさらに健康な消化をサポートしているのです。

腸内3兄弟の次男「ビートパルプ」

腸内3兄弟の次男「ビートパルプ」
次男「ビートパルプ」は、砂糖大根から砂糖の原料となる汁を絞ったあとの繊維質を精製したものです。食物繊維は愛犬、愛猫の腸の健康にも不可欠な栄養素です。ビートパルプの食物繊維には2つの働きがあります。
1つは、水溶性の食物繊維によるものです。食物繊維は腸内で適度に分解され、善玉菌のエネルギー源となります。
もう1つは、分解されない難消化性の食物繊維によるもので、腸内の食物の残りカスを程よい硬さにまとめ、腸内から速やかに排出させる働きです。この次男の働きによって、程よい硬さで便が排出されるというわけです。

腸内3兄弟の三男「マンナンオリゴ糖」

腸内3兄弟の三男「マンナンオリゴ糖」三男は「マンナンオリゴ糖」です。腸内の善玉菌を増やし、腸内の嫌なにおいの元となる成分を吸着します。ファーストチョイスは、この腸内3兄弟の働きで、腸の健康を保ち、フンの状態を安定させているのです。